• トップページ
  • 広域連合について
  • せいどについて
  • 保健事業
  • 市町村専用ログインページ

こんなときは届け出が必要です

HOME こんなときは届出が必要です      
前のページに戻る

こんなときは必ず届出を



こんなときは 必要なもの いつまで
奈良県内で住所が変わったとき ●被保険者証(保険証)
●印かん
14日以内
奈良県外へ転出するとき ●被保険者証(保険証)
●印かん
速やかに
奈良県内に転入するとき ●負担区分等証明書
●印かん
14日以内
生活保護を受けなくなったとき ●生活保護廃止決定通知書
●印かん
速やかに
生活保護を受けるようになったとき ●被保険者証(保険証)
●生活保護開始決定通知書
●印かん
速やかに
被保険者が死亡したとき ●亡くなった方の被保険者証(保険証)
●葬儀執行者の貯金通帳
●印かん等
14日以内
被保険者証(保険証)をなくしたり汚れて使えなくなったとき ●身分を証明するもの
●被保険者証(保険証)
●印かん
直ちに
一定の障害のある方が65歳になったとき、または一定の障害のある状態となったときで認定を希望されるとき
(65歳から74歳の方)
●被保険者証(保険証)
●国民年金証書
●各種手帳(身体障害者・療育・精神障害者保健福祉)等障害の程度が確認できる書類
●印かん
速やかに
広域連合による障害認定を撤回するとき(65歳から74歳の方) ●被保険者証(保険証)
●印かん
速やかに
◎平成28年1月から番号制度の導入に伴い、届出の際、マイナンバー(個人番号)の記載及び本人確認が必要となります。
※上記以外のものが必要になる場合があります。市町村の担当窓口までお問い合わせください。