• トップページ
  • 広域連合について
  • せいどについて
  • 保健事業
  • 市町村専用ログインページ

健康診査について

保健事業の健康診査についてご説明しています。
HOME 保健事業 健康診査について  
前のページに戻る

健康診査について

「後期高齢者の健康診査」は、後期高齢者医療制度の被保険者を対象として、疾病を早期発見し、必要に応じて治療を受けていただくために、健康診査(健診)を実施します。

実施主体について

広域連合と市町村が共同で健康診査を実施します。
受診を希望される方は、お住まいの市町村で実施する健康診査を受診してください。


後期高齢者医療制度での保健事業

後期高齢者医療制度の被保険者が対象となります。ただし、次のいずれかに該当する方は、健康診査の対象外となります。
(1) 刑事施設、労役場等の施設に拘禁されている方
(2) 病院又は診療所に6か月以上継続して入院している方
(3) 障害者支援施設、のぞみの園の設置する施設、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、介護保険施設へ入所・入居している方
(4) 生活習慣病で医療機関において受診又は治療を受けている方※1
※1 糖尿病などの生活習慣病で医療機関に受診中の方は、必要な検査は治療の一環として行われるため、健康診査と同様の検査を医療機関で受けている場合は、この健康診査の対象者から除かれます。

 

健康診査項目について

基本的な健診項目 【75歳未満の方が受ける特定健診の項目(腹囲計測を除く)と同じです】

問診 服薬歴・既往歴・喫煙歴などの生活習慣の傾向や服薬の有無などを調べます
診察 身体計測 身長・体重・血圧などを測定します。
身体診察 視診・打聴診・触診により、身体の診察をします。
血液検査 脂質検査 動脈硬化の進み具合の指標となる、血清中に含まれる中性脂肪やHDLコレステロールなどを測定します。
肝機能検査 肝炎や肝硬変などを見つけるために、血清中に含まれるγ-GTP量などを測定します。
血糖検査 糖尿病を見つけるために、ヘモグロビンの血中濃度などを測定します。1回目の検査で診断できるよう、(1)随時血糖を平成23年4月より追加。
腎機能検査 腎機能障害を見つけるために、(2)血中のクレアチニンの値を測定します。また、軽度の腎機能低下者の早期発見ができるとされる(3)eGFR(推算系球体ろ過量)と、通風の原因となる(4)尿酸の検査を平成23年4月より追加
検尿 尿検査 糖尿病や腎機能障害を見つけるために、尿中のブドウ糖やたんぱくなどを測定します。

 

保険者独自の健診項目 

貧血検査 赤血球数、血色素量、ヘマクトリット値を測定し、異常を見つけます。
心電図検査 心臓の病気を見つけるために心電図を測定します。

※基本的な健診項目中、(1)(2)(3)(4)も保険者独自の健診項目になります。 


医師の判断により実施する健診項目 

眼底検査 網膜・血管などを調べ眼病のほか高血圧・動脈硬化などの病気を見つけます。

健康診査に費用について

健康診査を受診される方は、健康診査の費用として、500円を自己負担していただきます。 ただし、お住まいの市町村によっては、自己負担が異なることがあります。

健康診査の詳細について

健康診査の実施時期などは、市町村によって異なりますので、詳しくは、お住まいの市町村後期高齢者健診担当窓口にお尋ねください。